So-net無料ブログ作成
検索選択

厳しい結果 [radio]

一部の「行方不明」ログの状況により、数字が多少動くかもしれないが、Malpelo 2012で達成された192,089QSOは、「Mega DXpedition」の2位に入るという結果にとどまらず、あの絶海の孤島に人間が行き、設備を持ち上げたこと自体が賞賛されるべきで、早くも今年のDXpetition of the yearが決まったといえるだろう。

ただ、JAにとっては厳しいペディションだったのは間違いなく、多くのバンドに渡って"CSR"を埋められた方は別として、1QSOもできなかった方が多数存在するのは事実だろう。
実際それは数字に表れており、
total : 192,089
うちASIA : 14,207 (total比7.4%)
うちJA : 12,578 (total比6.5%)
JAのユニーク数はどれだけなのだろう?


JAバンド別
160m:156
80m:697
40m:1,468
30m:1,522
20m:1,908
17m:1,826
15m:1,610
12m:1,734
10m:1,657
6m:0


それから、期間中言われていたことだが、出来高(配分?)がSSB > CWであったことが明らかになっている。
SSB : 90,775
CW : 85,229
RTTY : 16,082
30mがあるにもかかわらずこの結果となったのは、20-10mにおけるSSB率の高さがもとらしたものだろう。「次」がもしあるなら、ぜひ山頂でCWをバシバシやってください!
「数字遊び」はいくらでもでき、小言はいくらでも言えるかもしれないが、それは「感謝」を前提にしたことであるのは間違いない。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。