So-net無料ブログ作成
検索選択

pile up観賞会 [radio]

外でお店を広げるのは今年最後のつもり(緊急スクランブル出動の可能性はまだあるが…)で出かけた。ターゲットはいくつかあったのだが、9L0W(10104kHz)はそこそこの強さだったができず、GJ6UW(18083kHz)は久しぶりに聴いた信号の塊に恐れをなし、呼びさえもしなかった。やはり休日は大変だ。

※余談だが、山ではご本尊の信号はもちろん、それらを呼ぶJAの信号もよく「見渡せる」ので、「聞こえてないのに呼んでいる」ような局はよくわかる。今日も9L0Wのパイルを「眺めて」いた中で、9L0Wからはしっかりとコピーされた信号が返ってきているのに、コールサインを何度も繰り返した局がいて、9L0W側は「どこか間違っているのではないか」と思ったのか、何度もコールサインの確認が行われ、それに対してゆっくりと何度もコールサインを打つもんだから、聴いていてイライラした。結局「NIL」扱いになって再びCQ… あぁ、もったいない、と思った。このやり取りにおいては「QSBの谷間で分からなかった」などという言い訳は通用しないと思う。
自分はこういうことのないよう、気をつけないといけないと思った。


AF022.JPGZD7FT 0812z 21240 SSB

「常駐局」がコンスタントに出続けてくれると、いつかはチャンスが巡ってくる。Saint Helenaの強力な信号はこの秋何度も聴いたが、まじめに呼んだのは今日が初めてで、それがQSOにつながったのはうれしい。絶海の孤島の信号がこんなに強く聞こえるのは不思議。
北風が吹く中、何か成果があれば… と思っての移動運用だったが、「pile up観賞会」で終わってしまうところ、最後にひとつできてよかった。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。